私と言う現象は 有機交流電灯の 一つの青い証明です

 台風接近とのことで海や河川に使い地域は心配なことですが、
海無し県の、丘の上の、さらに5階に住んでいる自分には、
むしろ強風の方が気になったりしますが、こんばんわ。


さて、昨日付けでニコニコのプレミアム及び会員登録を抹消いたしました。
生放送など、つまらない内容なのにお越しになっていただき誠に感謝に耐えません。

心境の変化と言えばそうなのかも知れませんが、
単に勢いで辞めただけです。一年半もよく続いたな、というのが本音でございます。

唯一の心残りは、
マイリストも全部チャラになってしまうところでしょうか。
またお気に入りの動画を一から登録しなおさなくてはなりません。
また、自分がうpした動画も消えましたが、これはこれで著作権的によくなかったので、
消えてくれて一安心です。

でも、また気が向いたら放送することもあるかも知れません。
時期は未定です。
[PR]
# by sahogawa | 2011-09-01 20:03 | 日々のつれづれ

今日のパン

c0003048_22514278.jpg

あ、画像が横向きですが、まぁそういうことで。

今回は普通の食パンです。計ってホームベーカリーに入れるだけの
簡単なお仕事。
あとは機械が勝手に焼き上げてくれます。4時間後に。


気温の高い夏場は過発酵するようで、上部がぶわっっと膨らんだ後、しゅるる、としぼむので
上からの見た目はなんだかカルデラ火山のような感じで凹んでいます。
この画像ではあまりそのようには見えませんが。。というかブサイクに映らないように
撮影してみましたので。。

味はいつも通り普通に美味しく焼けてましたので、
結果オーライです。
[PR]
# by sahogawa | 2011-07-07 22:51 | 食べ物

名は体をあらわすが、体型にあらず。

そういや、自分のハンドルネームって、
組合員サイトか否か、で使い分けてるようで
使い分けれていなかったり・・・。

ブログでもミクシーでも、「佐保川」を多用しておりましたが、
最近は「シルダリヤ」も使うことが多いですね。生放送とか。

佐保川も、もっと前は「中山伊代守佐保川」(なかやまいよのかみさほがわ)とかのたまってましたw
厨二臭さが当時は気に入ってましたが、長いのはやっぱ面倒なので、略しました。

他にもあったんですが、今のところ上記2種類が主ですね。

あ、スカイプではアムダリヤでしたね。

結局、河の名前ばかり拝借しております。


[PR]
# by sahogawa | 2011-06-22 00:30 | 日々のつれづれ

「はるゆたか」「春よ恋」「キタノカオリ」

HB(ホームベーカリー)を二年ほど前に購入しましたが、
面白がって初めのうちだけ作って、
しばらくしたら飽きて米びつの奥にお蔵入りするだろう・・・・

なーんて思っておりましたが、
さにあらず。

ここしばらく、またパン作りにいそしんでいますw

買うのも好きですが自分で作るのも好きなんだなー、という事なんですよね。

餡子を渦巻状にした餡入り食パンや、
ノーマルなミルクパン。
そして昨日作ったのは粒コーン入りのコーン食パン。。。

まぁ、これはなかば成功なかば失敗ですが。。。

コーン投入のタイミングが遅れ、
生地の中にしっかり混ざりませんでした。
皮の所にコーンがぎっちり、、中は真っ白。
食パンとしては成功しましたが、理想の感じのコーン食パンにはなりませんでした。

とはいえさすがに国産の小麦粉。
しっとりふんわりした感じが輸入のお品とは違うような気がします。

タイトルの「はるゆたか」などなどは、全部国産小麦粉の銘柄です。

一応外国産の小麦粉も準備してはいるのです。だってお安いからw
銘柄は「リスドォル」

とりあえず今あるのを使い切って、新しい別の小麦粉も試してみたいのですw

そして、角切りチーズ入りや、黒豆入りなどもチャレンジしてみたいものです。

画像は、、、あ、撮るの忘れてました。
今度思い出せたらちゃんと画像も添付しようと思います。
[PR]
# by sahogawa | 2011-06-20 23:04 | 食べ物

当たりの無いくじ引き

よく考えたら、一旦起きてしまった政争なので、
可決してすっぱり退陣してもらったほうが、遥かに国益にかなうのになぁ、と思いました。

無責任で仕事をしない政府、事実を隠蔽する政府、統治能力の無い政府。

報じられているどれ一つを取ってみても、暗い気持ちにならざるを得ません。
[PR]
# by sahogawa | 2011-06-02 16:16 | 日々のつれづれ

薬石効無く  (ミクシィと内容は一緒です)

19日20日とかけて、
実家の母・姉・私の3人で、
母の郷里の愛媛のほうへ行きました。

郷里には伯父や叔母など親類が何軒かあるのですが、
今回の目的は伯父が入院して状態があまり良くない、とのことで
急遽お見舞いにいこうと相成ったわけです。

ここからは、時系列的に並べていきます。



16:30 関西から電車・レンタカーを利用し愛媛の郷里の一つ八幡浜に着
      八幡浜に住む叔母と共に同じ市内の伯父(1の伯父)の入院している病院へ
      急ぎ気味に移動。

17:00 入院先の病院に着く。精神科メインの病院で、雰囲気の違いに戸惑う。
      土曜は休診のため玄関が閉まっており、とりあえず電話をいれると
      ほどなく看護師さんが出てこられて、中に入れてくれる。
      廊下をわたるたびに鍵をかけていくので、なるほど、と思う。

17:05 伯父の病室へ。弱っておられるけれど、うなり声出していて、
      呼びかけに応じているのかどうか、分からない。
      夕食時間ということもあり、周囲が忙しいので15分ほど滞在して出る。


17:30 先ほどの病院から車で5分でもう一人の伯父(こちらは次男、
      故に2の伯父と呼ぶことにします。)の居る、長期療養ホームへ。
      この伯父も2年前脳梗塞で倒れられて、一時は危ない状況でしたが、
      リハビリを熱心にされたので、車椅子はいるけれど元気で、意思疎通も可能。
      この施設ではすでに夕飯が終わった時間で(しかし、早い夕食時間だなおい。)
      設備も新しく綺麗。
      こちらでも15分くらい居て、おみやげなどを手渡して退室。

18:00 叔母を送ったあと、宿に行く(母や叔母の実家は八幡浜から車で1時間ほどの田舎)。
      荷を降ろし、夕飯を食べに行く。宿の近所の和食処へ。アジの姿寿司が美味しかった。
 

7:00  起床
8:00  チェックアウトしてすぐに母の実家のある地域へ移動。

9:00  母の実家(1の伯父の家でもある)に挨拶へ。兄嫁(伯母)居るので
      伯父の見舞いの報告や挨拶へ。
     伯母曰く「さっき、病院から電話があって、今朝、死んだって。。。」
      そのあと、60分くらい、葬儀は誰々がしきる、とか昨日お見舞いに入ったときは
      弱弱しいけれどこんなに早く逝くとは、、母曰く「私らがくるまで待っててくれたのかな」
     等々の話を交えつつ、
     要約すると、「何も段取りはきまっていない」という事であったので、
      お彼岸の墓参りというもう一つのメイン目的を果たすべく集落内を移動。

10:00 母方のお墓(離婚してるので父方の墓には行かず。
         ちなみに父方の実家はここから車で15分ほどの別の集落)に到着。
      落ち葉を掃き清めたり、あたらしい水を差し上げたりお供え物などをお供え。

11:00 お墓のことや今は亡き祖母の葬儀の際など色々仕切っていただいた
      頼りになる身内が、同じ集落に居るのでそちらにも顔を出す。
     要するにお礼と、今回の伯父のことでも相談をかねて。
     しかしながら、喪主になる伯父の息子がメインで決めるべきことゆえ
     相談らしい相談もできず、「よろしく」、といったレベルで15分程度で立ち去る。

11:40 先の集落から少し移動して、長期療養ホームに居る2の伯父の今は亡き奥様の
     永代供養を依頼している、そのエリアで一番大きなお寺に参拝。
 
(この間、携帯電話に頻繁に親類から電話が入る。身内のかなりが関西や松山あたりに仕事や
嫁ぎ先で引っ越しているので。)


一旦、八幡浜に戻り、伯母と相談の上だけれど母だけが愛媛に残留することに決めた。
で、そのほかのことについては伯母と相談したり、関西から駆けつける予定の1の伯父の娘さん(自分のいとこ)を待つことに。

13:00 道の駅で軽く昼食を済ませる。


14:00 八幡浜、伯母宅。母、喪服などを伯母から借りる算段。
      あと、持ってきている現金が少なめなので、取り急ぎ郵便局で少し引き出して
    渡しておく。 その間、関西組の代表の1の伯父の娘(いとこ)が夜8時くらいに八幡浜
    に到着ということが判明。
     自分と姉は、購入した切符の時間の通り、関西に帰ることにする。

15:00 八幡浜出発。レンタカーと電車を乗り継いで
21:30 新大阪着。



・・・という感じの二日間。疲れもありましたが、昨日会った人が今日亡くなると言う、
世の無常を強く感じました。
悲しい、というよりは「寂しい」という感じです。

おそらくは岡山の1の伯父の長男さんが戻り次第通夜→お葬式となっているはずです。

しかし、
その長男さん(岡山の高校で教頭先生をされています)も、
どうやら卒業式の当日だったそうで、タイミングとしては唸らざるを得ない感じかと。


_______________________________

 うちのだりあの咲いた日に

酒屋のクロは死にました。

おもてであそぶわたしらを、

いつでも、おこるおばさんが、

おろおろ泣いておりました。

その日、学校でそのことを

おもしろそうに、話してて、

ふっとさみしくなりました。


 金子みすず 「犬」

   

     
[PR]
# by sahogawa | 2011-03-22 20:28 | 日々のつれづれ

そういえば・・・

もう一つブログサイトを利用してたの、
すっかり忘れてました。

すっぱり削除しても良いのですが、
予備としておいておこうかとおもいます。

アドレスはこちら 
[PR]
# by sahogawa | 2011-03-07 01:58 | 仮置き場

あけまして お久しぶり

皆様
あけまして
お久しぶり
寒中お見舞い申し上げます


・・・ブランクが空くとかように挨拶も重複せざるを得ません(汗


しばらくここのブログの存在をすっかり忘れ果てておりました。

目だって記録するような事案が無かったため、とも
申せますが、

年が明けて早2月に入り、
また花粉の季節が来たと思ったら、
もう汗ばむ陽気になるんだなぁ、と時の速さに眩暈がするほどです。

今のところ体調も順調なので、
ぜひともこのように平穏な日々が今年もこれからも続きますよう願ってやみません。

初詣で引いたおみくじの内容はあまり芳しくありませんでしたが、
駄目でもともと、って思うようにしつつも、
空の色や、咲く花の彩りに、ちゃんと心を留められる感受性を維持したいと思います。


我がこころ なぐさむものは さらしなの 月影いたる 野辺のしらうめ
[PR]
# by sahogawa | 2011-02-06 03:59 | 日々のつれづれ

夏の終わり、秋雨と。

萩の花が見頃になり、秋本番となってきました。

自分にとって秋は「食欲の秋」になります。
夏の猛暑の影響で秋の味覚の成育も芳しくないようですが、
そういう事とは無関係に、
あれやこれやと食べていくに違いありません。

体重計はしばらく見ないでおこうかな。
[PR]
# by sahogawa | 2010-09-27 18:06 | 日々のつれづれ

ミクシィから28  高山旅行

ひぐらしの鳴かないころに編集する 2010年08月16日22:03

タイトルには関係ない日記を記録。

ひぐらしに関する記事をご期待の皆様、
大変申し訳ありません。
今回は、
先日行きました旅行に関する記録をば。


8月14日・15日
飛騨高山へと一泊二日で行ってきました。



以下簡略にあらまし。

一日目・新大阪→名古屋→高山
    (高山の古い町並み散策)泊

二日目・高山→白川郷→高山→名古屋→京都→我が家



予報ではにわか雨が降るかも、、、というお天気にもかかわらず、
一日目の高山ではしっかり本降りの雨になりました。
雨の降る中古い町並みを散策。
古民家を観光したり、おみやげ屋の中で試食しまくってみたり、
雨とは言えそれなりに充実した観光になりました。

ただし、ガイドブックで調べておいたランチのイタリアンは
さほどのお味でがっかりでした。

雨の日って時間の
進行が分かりにくくて、もう夕方かと思ったらまだ午後2時だった、
という感覚のままぶらり歩きをしていました。

夕飯は宿の中のレストランで。
お安いプランだったので期待してはいなかったのですが、
そこそこ美味しいものでした。ただ、量がやや少ない感じでした。


二日目、
お天気は曇りの朝でした。

また雨が降り出すのかな?と思いつつも
予定していた世界遺産「白川郷」へ行くことにしました。

お盆の渋滞が不安でしたが、高山からバスに乗り約一時間弱で
白川郷へ。
渋滞はありませんでした。

白川郷内はかなりのお客さんで大賑わい。
しかも着いたころには雲も取れて日差しがサンサン、、いえ、
ギラギラと。

暑いけれど合掌造りの民家の集落をうろついて、
その中の一軒「神田家」の中を見学。

昔の人でもこんな高層建築を建てられるんだなーと思いつつ
お外へ出れば強い日差し。
ジェラートを食べて一休みしたあと、集落のはしの八幡様へ行くと、
そこは「聖地」でした。

とはいえ絵馬を見た相方が気づいたので「そこ」と分かりましたが、
自分もまったく予備知識無しで行ったので、
「あぁ、ここがそうなの?」という感じでした。

絵馬にある願い事が「呪い事」となっているの非常に微笑ましく、
とりあえず画像に収めておきました。

八幡様のあとにはアイス最中。
そのあとお昼ごはんに
「そば道場」というお店の手打ちそばを頂きました。

そして、村内に在る「民家園」を小一時間ほど見て回って白川郷を後にしました。

バスで高山にもどり、ちょこっとレンタサイクルを借りました。

ガイド本でみたパン屋に行き、
色々買ってみましたが、どれもかなりの美味しさで満足しました。

そして市街を30分くらいサイクリングしてから
高山から帰路につきました。

で、
名古屋について乗り換えるときに
おみやげにと先ほどのパン屋で購入した
「全粒粉パン」を網棚に置き忘れ、
駅の事務所で問い合わせてみたところ、
車庫に戻った電車内の忘れ物は翌日にならないと
受け取れないことが判明。
泣く泣くあきらめて、名古屋をあとにしました。


とまぁ、、ちょっとうっかりなハプニングもありましたが、
旅はやはりいいものだなーと思うのでありました。

コメント
イイネ!(0)
コメント
[PR]
# by sahogawa | 2010-08-16 18:01 | 仮置き場


第3野の花画報  やっちまった感満載


by sahogawa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
行動記録
日々のつれづれ
仮置き場
食べ物
映画・音楽など
携帯より
歌・詩・詞・言葉
旅行関係
未分類

以前の記事

2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 08月
2008年 07月
2007年 01月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月

外部リンク

最新のトラックバック

Mr.インクレディブル
from VAIOちゃんのよもやまブログ
レンタルメモリ「千年女優」
from 遥かなる映画道
ワークワーク/藤崎 竜
from 金扇堂
僕の彼女を紹介します
from ::あしたはあたしの風が吹く::
幻想
from deli*cling ★ t..

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧